メニュー 閉じる

【Windows】MAC アドレスが変ってしまう。「ランダムなハードウェアアドレスを使う」の設定について。

MAC アドレス(こういうやつ → 「68-EC-C5-**-**-**」)が突然変わってしまう。

Winddows の機能によって、MACアドレスが違う値に変わってしまうことがあります。

FLEXnet などのライセンス認証にMAC アドレスを使っているソフトウェアでは、突然ライセンスが無効になったりします。

「ランダムなハードウェアアドレスを使う」
設定について。

MAC アドレス、物理アドレス、ハードウェアアドレスとは。

メモリに焼き付けられた一意な値

ネットワーク機器それぞれに割り当てられている、その個体を示す一意な値(ID)のことです。

MAC は「メディア・アクセス・コントロール(Media・Access・Control)」の略で、
主にネットワーク通信の時に「宛先」として使われている値なので「アドレス」、
つまり「MAC アドレス」になります。

MAC アドレスは、ネットワーク機器内のメモリ(ROM)に直接焼き付けられていることから、
「ハードウェアアドレス」とか「物理アドレス」とも呼ばれています。

メモリに直接焼き付けられているので、変更は当然不可能、
またその値は世界中で重複しないようにルール決めされているので、
任意の機器を特定するに非常に都合が良い値なわけです。

「パソコンのMAC アドレス」といっても実際はネットワークアダプタのID になるので、WiFi と有線LAN の両方ついているタイプですと2つMAC アドレスがあることになります。

USB などで取り付けるようなタイプのネットワーク機器もMAC アドレスを持っているので、
それらが取り付けてある場合はそのパソコンのMAC アドレスとして検出されます。

48ビットの値

MAC アドレス は48ビットの値(48ケタの2進数)を表してします。

4ビットずつを16進数に変換し、さらに2ケタずつハイフンで区切ると、よく見る形のMAC アドレスになります。

実際に見た事はないのですが、「4ケタをコロンで区切る」というMACアドレスもあるらしいです。

また、値の前半(半分から前の24ビット)は「ベンダーコード」といってそのデバイスの製造元を表しています。

ベンダーコードをインターネットなどで検索すれば、どこのメーカーの製品なのかといった情報を得ることができます。

参考例:

MAC アドレスがランダムに変わる設定について

ランダムなハードウェアアドレス

MAC アドレスはメモリに直接焼き付けられているので「本来は変わるはずのない値」ですが、
セキュリティの観点からこの値をランダムなものにして個体を追跡されにくくする機能が追加されました。

参考:ランダム ハードウェア アドレスを使う理由

この機能をオンにしておくと、ネットワークを切り替えたときにMAC アドレスが変更されます。

ネットワークを変更。

物理アドレスが変わった。

発行されたMAC アドレスはベンダーも不明な怪しいアドレス^^。

設定方法

「ランダムなハードウェア アドレス」の設定で、機能をオン、オフできます。

Windows 10

(Windows ロゴマーク)> 設定 をクリック。

ネットワークとインターネット をクリック。

WiFi をクリック。

→ ランダムなハードウェア アドレスの設定が確認できます。

検索するとショートカットできます。

検索欄にて「ランダムな・・・」を検索するとショートカットが出てきます。

Windows 11

MS ドキュメントページを参照してください。

Windows でランダム ハードウェア アドレスを使用する方法

注意:ネットワーク毎に個別の設定があります。

ネットワークごとに個別の設定を持っていますので、ランダムなハードウェアアドレスを「オフ」にしているつもりでも個別で「オン」になっている可能があります。

設定項目がない場合もあります。

ネットワークアダプタによっては、「ランダムなハードウェアアドレス」の設定項目がない場合もあります。

デバイス側でその機能に対応している必要があるんでしょうね。

以上です。

Posted in Windows

関連投稿

1件のコメント

  1. ピンバック:「プレフィックス 長」って後ろにつけるのに、何で「プレ(前)」フィックスなの?IP アドレスを勉強して分かった事。 - .zapping

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です