メニュー 閉じる

iPhone8 plus に「マウス」を接続する。

インターネット経由で端末に接続できるようになると、キーボードとマウスつけたらiPhone がWindows パソコンの代わりになるじゃん。
という発想からiPhone にマウスを接続する方法を調べたところ、ありました。

iPhone 8+ システムバージョンは13.5.1 です。
13.1以降のiOS ならできる模様。

要るもの。

iPhone iOS13.1 以降、Bluetooth マウス

やり方。

AssistiveTouch の機能で「デバイス」を選択し、Bluetooth マウスをペアリングします。
通常のBluetooth 検出ではマウスは検出されませんが、AssistiveTouch デバイスとして追加できる(ようになった。)という事みたいです。

やり方の詳細

ペアリングするマウスとか、iOS のバージョンによって、差があるとは思いますので、参考程度に。

「設定」をタップします。

「アクセシビリティ」をタップします。

「タッチ」をタップします。

「AssistiveTouch」をタップします。

ポインティングデバイス という欄があるので、
そこで「デバイス」をタップします。

ここでペアリングさせるBluetooth マウスをペアリング待ち状態にして、
「Bluetooth デバイス…」をタップすると。。。

マウスが検索されました!!
そのまま、検索されたマウス名をタップします。

こんな感じの画面になったら、もうペアリングされているようです。
「i」ボタンをタップすると、このデバイスの登録解除と、ボタンのカスタマイズができます。

マウスボタンのカスタマイズをしてみます。
「マウスボタンをカスタマイズ」をタップ。

「追加のボタンをカスタマイズ」をタップしてから、
ペアリングしたマウスのボタンをクリックすると、ボタンが登録され、
いくつかの機能のなかから、割り当てたいものを選びます。

この画面でマウスの任意のボタンをクリック。

クリックしたボタンに割り当てる機能を、一覧から選択します。
ここでは、「副ボタンのクリック」が選択されています。
割り当てる機能を選択したら、「戻る」をタップして戻ります。

注:特殊な機能を使用するには、AssistiveTouch を有効にします。

ボタンの追加はこんな感じでした。

この後は、設定画面をずーと戻していって、

この画面まで戻ったら、「AssistiveTouch」をオンにします。
そうするとポインタが出現しました。

この後「AssistiveTouch」をオフにしても、
ペアリングした状態でマウスを動かすとポインタが出てくるようになりました。

ただし、マウスボタンで特殊な機能を使用する場合には、AssistiveTouch を有効にしておく必要があるようです。

設定は以上で終わりです。

編集後記

「RD Client」はタッチパネルのモードにした方がマウス操作風になります。
あくまで「クリック=タップ」ですが、なかなかいい感じです。
そのうち、画面共有とBluetooth キーボード&マウスでiPhone デスクトップPC 化したいです。
熱がやばいことになりそうですが。

Posted in Accessories, hardware, iphone

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です