コンテンツへスキップ

【ldp.exe】を使用して、LDAP 接続の確認をする。

【ldp.exe】を使用して、LDAP 接続の確認をする。

LDAP クライアントを有効化する。

Windows 10 の場合

コンパネ >プログラムと機能

「Windows の機能の有効化または無効化」をクリック。

ldp が使用可能になります。

Windows Server の場合。

サーバーマネージャー >ローカルサーバー >管理 >役割と機能の追加

使用方法

接続を実行して、サーバー名とポートを指定します。

バインドを実行して、ユーザーとパスワードを指定します。

ログインの状態。

簡易バインドでログイン。

表示>ツリーを実行

ベースDN(接続する階層)を指定します。

ライトウェイトLDAP ツールが出てこないとき

下記を試すといいかもしれません。

Windows 10 用のリモート サーバー管理ツール

64 をダブルクリック。 x86 はインストールできない。

再起動する。

Windows Server の場合。

行うことは同じですが、サーバー管理になります。

エラーをクリックすると、セットアップが起動しますが、この段階でldp.exe が使えるので、無視。

セットアップが起動する。LDAP を構成したいわけではないので、無視しました。

ldp は使用できました。

(Visited 356 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です