メニュー 閉じる

Raspberry Pi OS でIP アドレスを固定する。

Raspberry Pi OS でIP を固定したい。の覚書です。

Raspberry Pi OS でIP アドレスを固定する。

手順 その1

(ネットワークのアイコン)を右クリック >「Wireless &Wired Network Settings」をクリックする。

エラーが出るので、Pi でログインしなおす。

ユーザー「Pi」で再ログインして、 Network Preferences を開く。

(ネットワークのアイコン)を右クリック >「Wireless &Wired Network Settings」をクリックする。

※Pi 氏はRaspberry Pi OS のデフォルトユーザーでAdministrator みたいなユーザーです。

「 Network Preferences 」パネルが開きます。

設定する項目を選択。

interface(インターフェース)が、SSID を選択できるようです。
NIC 自体にIP を割り当てたいので、インターフェースを選択します。

隣のボックスから、どのインターフェースにするか選択。

IP アドレスを設定。

こんな感じに設定しました。
IPv6 は未使用に設定しています。

「Automatically configure empty options」 は外しました。

※理由は「余談」を参照してください。

その他の設定は、空白でOK でした。

「適用」をクリックして、システムを再起動します。

確認

固定できました。

設定ファイル「 etc/dhcpcd.conf 」を確認すると下記の記述が追加されていました。

いい感じだと思います。

interface eth0
noipv6
static ip_address=192.168.3.180/24
static routers=
static domain_name_servers=
static domain_search=

今回はGUI で設定したかったのでユーザーを変更しましたが、
ターミナルからsu を使って、直接設定ファイルを編集するのもありですね。

余談

余談ですが、「Automatically configure empty options」のチェックを入れると、
設定ファイルの記述が「inform IPアドレス」になります。

/etc/dhcpcd.conf を確認すると、下記の記述が追記されています。

interface eth0
noipv6
inform 192.168.3.180/24

この、「infom」の設定が大変な事になりました。

大変な事

何気なくWireshark を起動してパケットキャプチャしたところ、Raspberry Pi から大量のブロードキャストが絶え間なく発信されていました。

設定の問題なのか、仕様なのか詳細は分かりませんが、精神衛生上良くないので 「Automatically configure empty options」 は外します。

IP が「static」であればこの現象は発生しませんでした。

いつになるかはわかりませんが、この現象の意味、原因が分かった時に再検討したいと思います。

Posted in Linux, Raspberry Pi OS

関連投稿

1件のコメント

  1. ピンバック:インターネット経由でWOL する。「プランB」 - .zapping

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です