メニュー 閉じる

[AWS] EC2 ベースラインとバーストについて。

ベースラインとバーストについて

t2、t3 インスタンスを使用する時はこの「ベースライン」と「バースト」を考慮する必要があります。

バーストとは

「CPU の負荷を100% にする」ことです。

バーストですが、そのネーミングから
「CPU に負荷がかかった時に一時的にクロックアップやスケールアップして一気に処理こなしてくれる機能」
というイメージを持っていないでしょうか。(私はそう思っていました。)

実はバーストとは、「CPU 使用率を100% にする」ことです。

「いや、普通やん。」ってなると思います。
これは「ベースライン」を知ることで、なんとなく「バーストかぁ」と思えるようになります。

ベースラインとは

「バーストしなかったら、1時間平均でCPU を何% まで動かせるか?」

という概念が「ベースライン」です。

「えっ?!どういう事?CPU の使用率にリミッターでもついてるの?」って思いますが、
これを理解するためにはもう一つ、「CPU クレジット」の概念を知っておく必要があります。

CPU クレジットとはCPU を動かすための「ポイント」みたいなものです。
(ソシャゲでいうところの「スタミナ」ですね。)

前述のバーストを1分間継続すると「CPU クレジット」を「1」消費します。
バーストしていなくても、CPU の使用率に応じてこの「CPU クレジット」を消費していきます。

実はt2 やt3 インスタンスはCPU を動かすのにこの「CPU クレジット」が必要なのです。
(ダンジョンに突入するのにスタミナを消費するのと一緒です。)

このクレジットは1時間に一定量獲得することができます。
(この時間で回復ところもスタミナと一緒でしょ^^)

CPU クレジットの獲得量はインスタンスに応じて変化します。
(下の図の「CPU credits earned per hour」が獲得する量です。)

インスタンスタイプ1 時間あたりに受け取る CPU クレジット蓄積可能な最大獲得クレジット*vCPUvCPU あたりのベースライン使用率
T2
t2.nano37215%
t2.micro6144110%
t2.small12288120%
t2.medium24576220%**
t2.large36864230%**
t2.xlarge541296422.5%**
t2.2xlarge81.61958.4817%**
T3
t3.nano614425%**
t3.micro12288210%**
t3.small24576220%**
t3.medium24576220%**
t3.large36864230%**
t3.xlarge962304440%**
t3.2xlarge1924608840%**
T3a
t3a.nano614425%**
t3a.micro12288210%**
t3a.small24576220%**
t3a.medium24576220%**
t3a.large36864230%**
t3a.xlarge962304440%**
t3a.2xlarge1924608840%**

* 蓄積できるクレジットの数は、24 時間で獲得できるクレジットの数と同じです。
** 表内のベースライン使用率は vCPU 別の割合です。CloudWatch では、CPU 使用率は vCPU 別に表示されます。例えば、ベースラインレベルで動作する t3.large インスタンスの CPU 使用率は、CloudWatch の CPU メトリクスに 30% として表示されます。ベースライン使用率の計算方法については、「ベースライン使用率」を参照してください。

引用元:バーストパフォーマンスインスタンスの CPU クレジットとベースライン使用率

さて、CPU を100% で1分間動かすには1クレジット必要でした。

逆に1クレジットで1時間動かすには、CPU の使用率を平均で約1.666667% にすればOK です。
これは1コアあたりの話になるので、2コアある場合は、その半分に抑える必要があります。

上記を踏まえて1時間当たりに獲得するCPU クレジットを全部1時間で使ったら何%平均で使用できるか?
というのが「ベースライン」になります。
(回復する分のスタミナ分だけで1時間当たり何回ダンジョンに突入できるか?という回数が「ベースライン」という事です。)

ベースラインの計算式は「(<CPU クレジット獲得量>/ 60) / CPUコア数 」になります。

また、1時間当たりのベースライン以下でCPU を運用した場合、CPU クレジットは1日分を上限に貯蓄されます。
(使わなかったスタミナは、石にしてある程度還元してくれる神運営という訳です。)

逆に足りなくなった場合は、別途購入して使用する事が出来ます。
これが「Unlimited(アンリミテッド)モード」です。
(自動で課金してスタミナを買ってダンジョンを周回するモードです。)

Unlimited モードの概念

実際は単純に足りなかったら課金して使う、という計算式ではなく1日の終わりにCPU 使用率を稼働時間で均してみてベースラインをオーバーしたら課金になるようです。

Unlimited モードの例

クレジットの残量は、インスタンス概要のモニタリングタブの中の「CPU クレジット残高」で確認できます。

まとめ

以上、ベースラインとバーストについて分かりにくかったので、調べた結果をまとめてみました。
同じようにモヤモヤしている方の参考になればうれしいです。

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です