メニュー 閉じる

IIS(internet information service)が起動していないか確認する。

概要

Apache が動かない時に原因になっている方の筆頭が
「Internet Information Service」略して「IIS」ちゃんです。

IIS が80番ポートを握っていて、Apache が起動出来ないと言う構図になっているか、Apache のコンフィグをミスっているか、のどっちかが多いのでは無いでしょうか。

という訳で、IIS が動いてんじゃね?って時の設定を示唆する演出(?)をまとめて見ました。

確認方法

サーバーマネージャーを開くとIIS のメニューがある。

激アツ演出です。確実にサーバー上でIIS の「機能が有効」になっている事を示唆しています。
しかし、起動していない可能性もあります。

拡大。

IIS が有効になっていないと、このIIS のメニューがない。

ちなみに、このメニューからIIS マネージャーが呼び出せます。
ここでIIS の起動、停止、再起動ができます。

80 番ポートを陣取って邪魔しているようであれば、そのまま止めてやりましょう。

停止した状態

localhost も沈黙。

サービスはこんな感じになっています。

動いているとき

localhost から返答あり。

サービスはこんな感じ。

localhost でIIS の画面が返ってくる。

1 確(※)です。
IIS が居て動いています。

※:1 確(いちかく)
パチスロ用語です。ぐるぐる回る3つの絵柄を停止ボタンで止めて、「7・7・7」がそろえば大当たりのゲームは、実は内部で抽選をしていて抽選に当たらなければ絵柄は絶対に揃わない仕組みになっています。
逆に当選していないと絶対に止まらない「ハズレの停止パターン」も存在します。これを「リーチ目」と呼び、大当たりに当選したことを示唆する演出の一つです。
1 確とは最初の絵柄1つ目でリーチ目が成立する(大当たりが確定する)出目のことを指します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-94-1024x819.png

netstat での識別。

netstat はポート状況を調べるコマンドです。
これで80番ポートが使われているか、いないかを確認することができますが、何のプロセスが使っているか判断できない時もあります。
ここで80番ポートを何者かが使っていれば、IIS がいて、動いているかもしれない・・・。

Apache な見え方

Apache の場合は、80番ポートを使用しているのがApache だな。とわかります。
→httpd.exe

IIS な見え方

正確にはIIS ちゃんはドライバを使役して80番ポートを監視しているので、このドライバ の見え方です。
IIS 以外でも使われるドライバなので、動いているのがIIS ではなくて、このように見える場合があります。
→Can not obtain ownership information

PID を表示させると(「o」オプション)、「PID:4」という明らかに別格なID を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です