コンテンツへスキップ

オフラインでWindows 更新プログラムをインストールする。

オフラインでOS を更新したい。
マイクロソフト のサイトからインストールプログラムをダウンロードしてインストールする方法を試してみました。

Windows Update カタログからドライバーや修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法

この方法では、現在のビルドを更新するだけです。

ビルドをバージョンアップしたい場合(1809 →20H2 など)は下記のツールを使用します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

オフラインでWindows 更新プログラムをインストールする。

オンライン環境にて、更新プログラムの入手

Windows Update カタログにアクセスして、目的の更新プログラムを検索します。

Windows Update カタログ

適合するバージョンを選択。

ダイアログが開き、リンクをクリックすると、ダウンロードできます。

サービススタック更新プログラム(SSU)の入手

同じような要領で「サービススタック更新プログラム」というのも入れておきます。
これは、「更新プログラムをインストールするための更新プログラム」と考えればいいみたいです。

サービス スタック更新プログラム

最新サービススタック更新プログラム のリンクをクリック。

サービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問

> 私のWindows のバージョンの最新のSSU はどこで入手できますか?
※最新バージョンのサービススタックプログラム(SSU)を参照

環境に合わせて選択します。

記事(Article)の番号から詳細ページに移動し、カタログに移動してダウンロードします。

ダウンロードを直接押してもOK です。

リンクをクリックしてダウンロード。
※ダウンロードできない場合は、右クリックして「リンク先をファイルに保存」

ダウンロードしたプログラムをオフライン環境のOSへコピーします。

サービススタック更新プログラムのインストール

あとは順当にダウンロードした更新プログラムをあてていきましょう。
サービススタック更新プログラムが先の方がいいと思います。

案外、すぐに終わりました。

Windows 用セキュリティプログラムが追加されました。
インストーラーで手動インストールすると、OS 名が入らない。。。

更新プログラムのインストール

続いて、本命の更新プログラムをインストールします。

「はい」をクリック。

なかなか進まないけど、ちゃんと仕事はしているらしい。

終わりました。
再起動して、インストールを完了します。

再起動時に、「構築しています・・・」みたいなメッセージがでて、しばらくして起動。インストールが完了しました。
やっぱり、オンラインで自動更新した時と、ちょっと書きっぷりが違う。

変なステータスになっている。

オンラインにして、更新プログラムをチェックしたところ、最新の状態のステータスになっていましたので、オフライン環境でインストールするのは、この方法で良さそうです。

オフラインで更新プログラムまとめ

Windows Update カタログからドライバーや修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法

  1. Windows update カタログにアクセスする。
  2. カタログから更新プログラムを検索する。
  3. ダウンロードして、インストールする。

場合によって、サービススタック更新プログラムもインストールする。

■ 用語

・スタック(Wikipedia)

・Software Update Services(Wikipedia)

・Software Update Services および Windows Server Update Services におけるコンテンツの変更について (2020 年)

(Visited 3,952 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。