メニュー 閉じる

Dovecot の設定

Dovecot の設定

Dovecot のインストール

OS をインストールする時に一緒にオプションとしてインストールしています。

[root@testmail ~]# yum list installed |grep  dovecot*
dovecot.x86_64                         1:2.2.36-8.el7                  @base    
[root@testmail ~]# 

最小設定 まとめ

複数のファイルに分かれています。

設定値ファイルの場所備考
listen = */etc/dovecot/dovecot.conf
mail_location = maildir:~/Maildir/etc/dovecont/conf.d/10-mail.conf隠しファイルです。
disable_plaintext_auth = no /etc/dovecont/conf.d/10-auth.conf隠しファイルです。
ssl = no/etc/dovecont/conf.d/10-ssl.conf隠しファイルです。

/etc/dovecot/dovecot.conf

# Protocols we want to be serving.
protocols = imap pop3

# A comma separated list of IPs or hosts where to listen in for connections. 
# "*" listens in all IPv4 interfaces, "::" listens in all IPv6 interfaces.
# If you want to specify non-default ports or anything more complex,
# edit conf.d/master.conf.
listen = *

/etc/dovecont/conf.d/10-mail.conf

#mail_location = 
mail_location = maildir:~/Maildir

※隠しファイルです。

/etc/dovecont/conf.d/10-auth.conf

# Disable LOGIN command and all other plaintext authentications unless
# SSL/TLS is used (LOGINDISABLED capability). Note that if the remote IP
# matches the local IP (ie. you're connecting from the same computer), the
# connection is considered secure and plaintext authentication is allowed.
# See also ssl=required setting.
disable_plaintext_auth = no

※隠しファイルです。

/etc/dovecont/conf.d/10-ssl.conf

# SSL/TLS support: yes, no, required. <doc/wiki/SSL.txt>
# disable plain pop3 and imap, allowed are only pop3+TLS, pop3s, imap+TLS and imaps
# plain imap and pop3 are still allowed for local connections
ssl = no

※隠しファイルです。

サービスへの登録と、Dovecot の起動

systemctl enable dovecot.service
systemctl start dovecot.service

ステータスを確認しています。

systemctl status dovecot.service

dovecot でもdovecot.service でも動きました。
あとはファイアウォールの設定です。

Posted in サーバー, 検証環境

関連投稿

1件のコメント

  1. ピンバック:テスト用のローカルなメールサーバーが欲しい – .zapping

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です