コンテンツへスキップ

エクセルで選択したセルの列と行をハイライトする。「クロスヘアカーソル」の設定方法。

エクセルで選択したセルの列と行をハイライトする。「クロスヘアカーソル」の設定方法。

「エクセル、十字、行、列、ハイライト」などのキーワードで検索すれば、
多分いろいろと情報が出てくるのですが、2,3ページハシゴする必要があるので、自分用にまとめました。
最初に考えてくれた方に感謝の意を表します。

設定する項目は2つ。

(1)条件付き書式の設定

クリックしたセルの行、列をハイライトさせる「条件付き書式」

=OR(CELL("ROW")=ROW(),CELL("COL")=COLUMN())

条件が満たされたときに、セルの色が塗りつぶされるように書式を設定。太字にする、とかでもOKっす。

適用範囲の指定。(下記はシート全体をさしています。)

範囲指定として、エクセルシートの左上の三角マークの付いたセルをクリックすると、シート全体が範囲指定されて下記のように設定される。
ハイライトさせる範囲に合わせて設定する。

VBAの追加

必須ではないですが、使い勝手が全然変わってくるのでVBAの追加をします。

VBA を追加する。
VBA を追加しないと、選択中のセルが切替わる度にシートを更新しないと、条件付き書式が反映いけないので、面倒くさい。
でも、VBA を追加すると、エクセルファイルの拡張子をxlsm に変更しないと、VBA が保持されないので、それもそれで面倒くさい。
拡張子を変更しない選択肢もあるけど、次回ファイルを開いたときに、VBA のコードを再度追加する必要がある。

開発タブ >Visual Basic

対象のシート名を選択して、コードを貼り付け。
(貼り付ける先の画面が出てない場合は、シート名をダブルクリックする)

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
    Application.ScreenUpdating = True
End Sub

以上。

(Visited 25 times, 1 visits today)
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です