コンテンツへスキップ

The only valid LoadBalancingAlgorithms in a Virtual Machine are ‘TransportPorts’, ‘IPAddresses’, and ‘MacAddresses’

The only valid LoadBalancingAlgorithms in a Virtual Machine are ‘TransportPorts’, ‘IPAddresses’, and ‘MacAddresses’

VM サーバー(WindowsServer 2022:以降WS22)でチーミングを設定すると
「The only valid LoadBalancingAlgorithms in a Virtual Machine are
‘TransportPorts’, ‘IPAddresses’, and ‘MacAddresses’」

のメッセージが表示される。

和訳すると、
「仮想マシンで有効な LoadBalancingAlgorithm は、
‘TransportPorts’、’IPAddresses’、および ‘MacAddresses’ のみです。」

となります。

原因と解決策

設定の「負荷分散モード」が「動的」だったのが原因でした。

「アドレスのハッシュ」に変更したらOK になった。

Microsoft Windows [Version 10.0.20348.587]
(c) Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\Administrator>ipconfig /all

Windows IP 構成

   ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: WIN-57INB8M5N5I
   プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
   ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
   IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
   WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ

イーサネット アダプター test_team_NICs:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: Microsoft Network Adapter Multiplexor Driver
   物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 08-00-27-1C-88-71
   DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
   自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
   IPv6 アドレス . . . . . . . . . . . .: 2400:2651:c701:2c00:e81b:3a0b:1869:7ac6(優先)
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::e81b:3a0b:1869:7ac6%19(優先)
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.3.28(優先)
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   リース取得. . . . . . . . . . . . . .: 2023年4月30日 14:40:25
   リースの有効期限. . . . . . . . . . .: 2023年5月1日 14:40:25
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: fe80::32f7:72ff:fed2:7907%19
                                          192.168.3.1
   DHCP サーバー . . . . . . . . . . . .: 192.168.3.1
   DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 319291431
   DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-2B-DF-AF-86-08-00-27-4D-F6-8C
   DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: 192.168.3.1
   NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

C:\Users\Administrator>

編集後記的なやつ

これ、WindowsServer2016 で試したときはこの問題でなかったんですけど、その時は1つのネットワークカードからすべての仮想ネットワークカードを作成していました。

今回は異なる2つのネットワークカードでそれぞれネットワークカードを作成したので、
制約が発生したのかもしれない。

以上です。

(Visited 101 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です