コンテンツへスキップ

VBOX 7.0 にバージョンアップしたので、Windows 11 インストールを試してみる。

Virtual BOX 7.0 でWindows 11 に対応していると何かでみた気がしたのでインストールを試してみました。
普通にインストールできました。

VBOX 7.0 にバージョンアップしたので、Windows 11 インストールを試してみる。

メディアを入手

評価版のWindows 11 をダウンロード。
※メディアをダウンロードするには、ユーザー情報の登録が必要です。

Windows 11 Enterprise | Microsoft Evaluation Center

ファイル名が相変わらず。

新規で作成したVM の仮想DVD ドライブにセット。

さっそく起動。すぐに「プレスエニーキー」します。
タイミングが遅れたら、いったん電源を切って起動しなおします。

7.0 では、起動画面の横に通知が出るようになりました。

インストール開始

この画面まで遷移したってことは、もうインストール行けますね。

イレブンやーん^^

今回はドメインに参加するということで。

インストール終わったやん。

なんか、簡単にWindows 11が導入できるようになりました。

最後にVirtual BOXのユーティリティをインストールして完了です。

編集後記的な。

Virtual BOX 7.0を導入しない場合は、下記の動画のような感じでインストールしていました。
もう、需要がない動画になってしまいましたね。

※ナレーションはCoeFont のアリアルさんです。 Voiced by https://CoeFont.cloud

以上です。

(Visited 313 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です