コンテンツへスキップ

仮想マシン “***.vbox” を開けませんでした。
which has the same UUID as an existing virtual machine

コピーしたVM を追加しようとしたら、エラーがでる。
uuid ってのがVM のハードディスクみたいなやつの識別ID でこれが「おんなじやつがある!」ってエラーのようです。

仮想マシン"H:/WindowsServer2016 Windchll/WindowsServer2016 Windchll.vbox"を開けませんでした。

Trying to open a VM config 'H:/WindowsServer2016 Windchll/WindowsServer2016 Windchll.vbox' which has the same UUID as an existing virtual machine.

終了コード : E_FAIL (0x80004005)
コンポーネント: MachineWrap
インターフェース: IMachine {85632c68-b5bb-4316-a900-5eb28d3413df}
呼び出し先: IVirtualBox {d0a0163f-e254-4e5b-a1f2-011cf991c38d}

which has the same UUID as an existing virtual machine

エラーの再現手順。

ツール> ようこそ>「追加」をクリック。

「.vbox」ファイルを選択。

エラーが出る。

UUID を確認。

エディタで開いてヘッダーを見たいところですが、ファイルが大きくて、開かないので、一旦HDD メディアとして登録する。

ツール> メディア>「追加」

「.vdi」ファイルを選択。

エラーメッセージにUUDI が表示されている。

重複しているVM を特定する。

UUID が分かれば、重複しているVM も特定できる。

「検索」をクリックし。
「UUID で検索」に切り替えて、エラーのID を検索すると、重複しているマシンのHDD を特定できた。

「プロパティ」をクリックして、「属性」、「情報」タブなどの情報から、UUID が使われているVM を特定します。

解決策

解決策は、どちらかの「UUID」を変更して、重複を回避することです。
その一番簡単で安心な方法は、「片方のVM をクローン化してオリジナルを削除する。」だと思います。

重複しているVM を一旦除去。

重複先のVM が判明したので、一旦VM マネージャーのリストから除去します。

テーブルからVM 名を右クリック(メニュー)>「除去」をクリック。

「除去のみ」を選択。

UUID を変更したいVM を登録。

除去が出来たら、
ツール> ようこそ>「追加」をクリック。

エラーが出て登録できなかった「.vbox」ファイルを選択。

リストに追加できました。

追加したVM をクローン化して、UUID を変更。

リストからVM 名を選択して右クリック(メニュー)>「クローン」を選択。

  • 名前:適当に(わかりやすいと良いと思いますが、好きな名前で。)
  • パス:適当に(空き容量が十分にある場所を指定。)
    ※少なくともクローン元のVM フォルダのサイズより空き容量が多い場所。
  • クローンのタイプ:すべてをクローン
  • スナップショット:すべて
  • 追加オプション:「ハードウェアUUID を保持」のチェックを外す。

ひたすら待ちます。(VM のサイズと、ハードウェアの性能次第。)

クエストでもやりながら待ちます。

そろそろ終わりそうです。

もう少し、クエストを進めます。

クローンが完成しました。

オリジナルと見比べて、スナップショットなど、想定通りになっているか確認します。
欲を言えば、起動確認なんかもしておいた方がいいかも。

クローン元のオリジナルを除去。

クローンに問題がなければ、オリジナルを除去します。

「すべて削除」を選択すれば、リストから除去されるだけでなく、ハードディスク上からもデータが削除されます。
(どのオプションで除去するかは任意です。
クローン化に問題があっても、自己責任なので、大事なデータなのであれば、「除去のみ」にしておいてデータは残しておいた方がいいでしょうね。)

一旦除去したVM を再追加。

この時点で、UUID が重複しているVM がなくなりましたので、一旦除去したVM をもとに戻します。

ツール> ようこそ>「追加」 から、「.vbox」ファイルを選択。

再登録できました。

(Visited 768 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です