メニュー 閉じる

Raspberry Pi Zero v1.3

Raspberry Pi Zero v1.3 を買いました。

その感想です。

Raspberry Pi Zero v1.3 を買いました。

Raspberry Pi Zero v1.3は、660 円(税込み)で買える激安のコンピューターです。

https://raspberry-pi.ksyic.com/main/index/pdp.id/222,219,406,225/pdp.open/222?src=raspberrypi

サイズと価格が魅力的なモデルですが、その分デメリットも。購入する際には注意が必要です。

個人的には「セカンド Paspberry Pi」として購入するならおすすめです。

■ Zero シリーズ の比較

Zero シリーズのモデルと、その他のモデルとの比較対象として、
「Raspberry Pi 3 Model B Rev 1.2」のデータも載せています。

※2021/10/10 時点のデータです。

項目 / モデル名 Raspberry Pi Zero V1.3 Raspberry Pi Zero W V1.1Raspberry Pi Zero WHRaspberry Pi 3 Model B Rev 1.2
購入制限ありありなしなし
価格※(税込み)660円1,320円1,848円5,170円
Wifi、Buletooth なしありありあり
イーサネットなしなしなしあり
USB ポートType-B ×2Type-B ×2Type-B ×2Type-A ×4
ディスプレイポート mini HDMImini HDMImini HDMIHDMI
CPU1000MHz シングルコア ARM1176JZ-F(ARMv6)1000MHz シングルコア ARM1176JZ-F(ARMv6)1000MHz シングルコア ARM1176JZ-F(ARMv6)Cortex-A53 クアッドコア 1.2GHz(ARMv8、64bit、L1=32kB、L2=512kB)
メモリ512MB 512MB 512MB1GB ~
  • Wifi 、Buletooth を搭載しているのはZero の「W、WH」のタイプ で、V 1.3にはついていません。
    インタネットにつなげたい場合は、別途LAN アダプタをつける必要があります。
  • ディスプレイポートは「Mini HDMI」、USBポートは「Type-B」なので、大概どちらも変換アダプタの用意が必要になると思います。

Raspberry Pi 3 Model B Rev 1.2 をさわった感想

普通にやってたら、初期のセットアップが大変なんじゃないかなと思います。

私はPaspberry Pi の「Model-B」も持っているので、Model-B でOS 等の設定を済ませた状態のmicroSD カードを挿して完了。

多分、大変だと思うところ。

  • ディスプレイとキーボードか、マウスのどちらかしかUSB ポートに挿せない。

USB ポートは2つありますが、一つは電源で使用しますので、実質1つになります。

Buletooth がないモデルだと、キーボードかマウスのどちらか片方しかつけられません。
(無線のレシーバーで両方接続するタイプなら両方いけるかも。)

GUI をメインに使う場合、Buletooth がない「Zero V1.3」モデルは結構きついかも。

キーボードしかつけられないので(ターミナルでいろいろ操作することになると思います。

どちらにせよ、GUI だとちょっと動作が重く感じますので、それはそれでもいいのかもしれません。

  • ディスプレイは「Mini HDMI」なので変換アダプタが要ります。

変換持っているなら問題ないです。

  • 「Zero v1.3」はネットワークに単独でつながらないのでいろいろ不便。

そこでLAN アダプタをつけるとしても、インターネット接続やネットワーク通信など、ドライバを受け渡す方法がないから、最初からPaspberry Pi OS が対応しているモデルを買わないと、インストールのしようがないですよね。

USB メモリを挿してもキーボード、マウスがないのでコピーとかの操作ができないです。

事前に計画とリサーチをしっかりしておかないとハマると思います。

  • 本体のサイズが小さい為、USBポートのレイアウト間隔が狭く、普通~スマートな形状のものを使わないと干渉します。

LAN アダプタを挿した後はUSB ポートが使えないので、リモート接続の一択になるのではないかと思います。

馴れていない人には構築がややしんどいかなーと思いました。

「PC として使う」というよりは、やはり「何かの制御をする為のマイコン」としての用途が向いていると思いました。

元々そういうコンセプトだったと思います。Linux を学ぶ為のものでは無いですね。

「Paspberry Pi Model-B」の方は、Linux 枠の検証用端末として大変重宝しています。
セッティングも楽だし、動作も快適なので最初のPaspberry Pi ならModel-B あたりが何かとおすすめだと思います。

最強のメリットはコスパ。

あれこれと言いましたが、価格以上の価値は間違いなくある良い製品だと思います。
一人一台とかやめてほしい。。。もっと欲しい^^

ちなみに今回購入したRaspberry Pi Zero v1.3 は、自宅のPC を外出先から起動する「コマンダー」として大活躍しています。
その名も「WOL・SASORI」。

以上です。

Posted in Linux, Raspberry Pi OS, 衝動買い

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です