メニュー 閉じる

Windows ファイアウォールのポート開放(WindowsServer 編)

基本的にはWindows ではその他の端末からの接続を受け付けないように
「Windows ファイアウォール」で防御しています。

その他の端末との通信を行うため、任意のポートに対して「通過」を許可する設定を行います。

WindowsServer 2016でも、Windows 10 でもオペレーションは一緒ですが、
10や、2019 では「Windows ファイアウォール」が「Windows Defender ファイアウォール」という名前になってますね。

Windows ファイアウォールのポート開放

「セキュリティが強化された Windows ファイアウォール」のウィンドウを開く。

ウィンドウの開き方 3選(WindowsServer 2016 編)

1.サーバーマネージャーから開く。

・サーバーらしさ     :
・Windows10でもできる度 :なし
・最短          :

  1. サーバーマネージャーを起動して、ローカルサーバーを表示、
  2. Windows ファイアウォールの欄の「プライベート:有効(※)」の部分をクリック。
    ※:ネットワークの種類によって変わる。

「詳細設定」をクリックする。

※WindowsServer 2019 だとこの画面で「詳細設定」は下の方にあります。

2.「Windows を検索」を使用する。

・サーバーらしさ     :なし
・Windows10でもできる度 :
・最短          :

  1. Windows の検索 をクリック。
  2. 検索欄に「ファイア」と入力。
  3. 検索結果から「セキュリティが強化された Windows ファイアウォール」を選択します。

3.コントロールパネルから開く。

・サーバーらしさ     :
・Windows10でもできる度 :
・最短          :

  1. Windows ロゴマーク をクリック。
  2. Windows システムツールを展開する。
  3. 「コントロールパネル」をクリック。

Windows ファイアウォールをクリック。(表示方法を「小さいアイコン」にしています。)

「詳細設定」をクリックする。

受信の規則を作成。

「セキュリティが強化された Windows ファイアウォール」 を開いたら、
受信の規則を作成し、特定の条件下の通信を許可します。

  1. 「受信の規則」をクリックし、
  2. 「新しい規則…」 をクリックします。

通信を許可する対象を選択します。

「次へ(N)>」をクリック。

  1. TCP or UDP を選択します。
  2. すべてのローカルポートか、特定のローカルポートを選択します。
    特定のローカルポートの場合はポート番号も指定します。
    決まったポート番号を使うのであれば、単独で指定、
    ランダムなポートや複数のポートを使用する場合は、範囲で指定します。→ A-B(A番からB番目まで)

「次へ(N)>」をクリック。

指定したポートに対しての処理を決めます。

解放する場合は、「接続を許可する」「セキュリティで保護されている場合のみ接続を許可する」を選択します。

「次へ(N)>」をクリック

許可するネットワーク種類を設定します。

「次へ(N)>」をクリック

規則に名前を付けて、「完了」をクリックします。
(なるべく分かり易い名前がいいと思います。)

新しく追加した規則を確認。

チェックマーク がついていれば有効です。

Posted in Windows

関連投稿

1件のコメント

  1. ピンバック:WindowsServer 2016 にsshd をインストールしてSSH 接続する。 - .zapping

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です