メニュー 閉じる

WP(WordPress)追加CSS の使い方。

WP(WordPress)追加CSS の使い方。

基本的な使い方

簡単な検証で、正しい記述方法の確認。
まずはノーマルな「段落」でテスト。
このブロックなら、落とし穴もなく素直に反映されるはず。

追加 CSS の作成場所について。

定義する場所は、テーマのカスタマイズメニューにある、追加CSS の項目です。
複数定義する場合は、続けて書きます。

追加CSS の定義時にはピリオドが付きます。「.CSS名」
追加CSS の設定欄には、「.」なしでCSS名のみを指定します。

定義したCSS(例)

.test{
	height:250px;
	background:blueviolet;
	overflow:auto
}

ブロックエディタの追加CSS 欄に指定。

CSS を追加したいブロックのオプションで指定します。
名前にピリオドはつけません。

背景色が紫色になり、250px で上下方向のサイズ固定、スクロールバーが追加されているはずです。

背景色がかわる。
スクロールバーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー













追加。

定義したCSS(例)その2

下のコードブロックに以下のプロパティを追加しています。

.mycss_codeTurnBack{
     height:250px;
     overflow:auto;
     white-space:pre-line;
 }

・white-space:pre-line :テキストを折り返す。

・overflow:auto :スクロールバー追加。

INFO  : wt.system.out - 8136@wc111m010.co.jp
INFO  : wt.system.out - -------------------------------------------------------
INFO  : wt.server.manager.startup - Starting ServerManager
INFO  : wt.server.manager.startup - JVM id: 3852
INFO  : wt.server.manager.startup - JVM: Oracle Corporation, Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM, 1.8.0_162 (25.162-b12), 64-bit
INFO  : wt.server.manager.startup - OS: Windows Server 2016, amd64, 10.0
INFO  : wt.server.manager.startup - Host: WIN-SGIOGMDTQK2 (wc111m010.co.jp)
INFO  : wt.server.manager.startup - java.rmi.server.hostname: wc111m010.co.jp
INFO  : wt.server.manager.startup - wt.rmi.server.hostname: wc111m010.co.jp
INFO  : wt.server.manager.startup - HeapDumpPath: C:\ptc\Windchill_11.1\Windchill\heapDumps
INFO  : wt.server.manager.startup - Class path =
  C:\ptc\Windchill_11.1\Windchill\codebase
  C:\ptc\Windchill_11.1\Windchill\codebase\WEB-INF\lib\CounterPartWeb.jar
  C:\ptc\Windchill_11.1\Windchill\codebase\WEB-INF\lib\dpimplWeb.jar
  C:\ptc\Windchill_11.1\Windchill\codebase\WEB-INF\lib\dpinfraWeb.jar
  C:\ptc\Windchill_11.1\Windchill\codebase\WEB-INF\lib\Gantt.jar
  C:\ptc\Windchill_11.1\Windchill\codebase\WEB-INF\lib\ie3rdpartylibs.jar
  C:\ptc\Windchill_11.1\Windchill\codebase\WEB-INF\lib\ieWeb.jar

ヴェジェット のブロック等に適用する。

テーブルセルの装飾を定義。

.ts-a1{
	font-size:1.3em;
 	color: #fff;
	background-color:	#5cbfd8;
}

タグに直接、追加CSS のクラスを指定する。

追加CSS を指定するところがなくても、直接指定することで使用できました。

反映されました!

(Visited 18 times, 1 visits today)
Posted in WordPress

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。