メニュー 閉じる

オフライン環境のGoogle ChromeにてFlashPlayerを使用する方法(使用できた話。)

残念ながら、現在この手順は使えません。

既にFlash player のサポートは終了し、それに伴ってアーカイブ版のダウンロードも終了してしまいました。。。

残念ですが他の方法を考えましょう。

概要 (※2019年12月に作成しています。)

ホストオンリーの検証確認でOracleDataBase のEnterprise Manager を使いたくて調べた時のメモです。

ブラウザは 「Google Chrome」
OS は「Windows Server 2016」
あと、Oracle がインストールされています。

Google Chrome 自体をオフラインでインストールするには、下記のサイトの「 Chrome をオフラインでインストールする 」を参照。

Google Chrome をダウンロードしてインストールする

https://support.google.com/chrome/answer/95346

詳細はこちら。

オフラインでもFlash が使えた手順

下記のサイトからアーカイブ版( zip 形式 )のflashPlayer をダウンロード。

アーカイブ版 Flash Player の提供について

アーカイブした Adobe Flash Player バージョンに関する情報と、以前のバージョンをダウンロードするためのリンク。

https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/archived-flash-player-versions.html

zip を解凍し、「flashplayer32_0r0_270_winpep.msi」から Flash Player をインストール。

localhost のEnterprise Manager へアクセスする。

Flash がブロックされる場合は、「このページのFlash はブロックされました」のアイコンから「管理」を開き、

もしくは、「 chrome://settings/content/flash 」をChrome アドレスバーに入力。

「サイトでのFlash の実行をブロックする(推奨)」のスイッチをオフにして、「最初に確認する」に切り替えます。

「 Alternate HTML content should be placed here. This content requires the Adobe Flash Player. Get Flash 」の画面にて
「 Get Flash」をクリック→「許可」をすると。。。

OKです。

Posted in Browser, flash

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です