コンテンツへスキップ

Windows Server 2019 へ OpenSSH をインストール。鍵認証を使ってSSH 接続する。

ついでにエージェントも起動する話。(必須ではないです。)

今回のWindows Server 2019の設定で、SSH 接続される分には関係ないです。

エージェントを使用すると、接続した先で秘密鍵 の情報が保持されます。
(起動だけでなく、設定が必要。)

■ manページ  — SSH-AGENT

サービス「ssh-agent」も起動します。
OpenSSH クライアントのサービスです。

エラーが出る場合。

多分、サービスが「無効」になっているだけだと思うので、サービス管理ツールを開いてプロパティから起動方法を「手動」とか「自動」に変更してから、もう一度起動してみます。

Windows ロゴマーク >管理ツール > サービス を開く。

サービス管理ツールでは、「OpenSSH Authentication Agent」と表示されています。
→右クリックからプロパティを開く。

スタートアップの種類を「無効」から「手動」などに切り替える。

以上です。

(Visited 4,149 times, 1 visits today)
固定ページ: 1 2

「Windows Server 2019 へ OpenSSH をインストール。鍵認証を使ってSSH 接続する。」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Windows Server 2019 でSSH ポートフォワーディング(トンネリング)を使ったリモートデスクトップ接続について。 - .zapping

  2. ピンバック: Windows で SSH 接続する時のまとめ。Windows 10、Windows Server 2016、2019 - .zapping

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。